フリーランスになってから常駐型の業務委託契約で働いてみた

今年からフリーランスのイラストレーターになった区宇です。

2017年の9月〜11月の3ヶ月間、業務委託案件をやりました。

この記事では、業務委託で仕事をするときのメリットや注意点を紹介していきます。

業務委託契約とは?

業務委託とは、「企業と雇用関係にない個人に対して業務を依頼すること」です。

案件ごとに下記を決めて契約を結びます。

  • 報酬額
  • 期間
  • 業務内容

派遣契約は、派遣会社から派遣されてきて業務を行うので、業務委託とは異なります。

フリーランスが業務委託で働くメリット

  1. 「お試しで働く」がやりやすい
  2. 正社員だと入りにくい会社にも入りやすい
  3. 一定の期間、安定収入がある

1.「お試しで働く」がやりやすい

期間が決まっているので、「この職場は違ったな」と思ったら契約更新をしなければいいだけです!

1〜3ヶ月程度の期間なので、人間関係なども気にしなくていいのが楽です。

2.正社員だと入りにくい会社にも入りやすい

業務委託は期間が決まっているので、正社員と違って入社しやすいのが特徴です。

大手の会社も紹介してもらいやすく、私も「Cygames」や「GREE」、「バンダイナムコゲームス」などの案件を紹介してもらっていました!

レベルの高い会社なので、スキルアップもしやすかったです。

3.一定の期間、安定収入がある

フリーランスで働くと、仕事の依頼がないと収入は得られません。
業務委託契約を結べば、契約期間は月額で給料が貰えます。

お仕事のない期間は、業務委託案件を紹介してもらって仕事をしてみるのもいいかと思いました。

フリーランスが業務委託で仕事するまでの流れ

  1. レバテッククリエイター」に登録する
  2. 専属の担当さんと面談する
  3. スキルシートと各種契約書類を確認
    • 業務委託注文書
    • 機密保持契約書
    • 個人情報保護に関する覚書
  4. 登録したプラットフォームから案件紹介を受ける
  5. 紹介企業と商談
  6. 参画が決定した企業に各種契約書類を送る

フリーランスが業務委託で働くときの注意点

案件によるとは思うのですが、私が受けた案件は交通費がでませんでした。
交通費の出費は3ヶ月間ともなると大きいので、用意が必要です。

まとめ

短期間でスキルアップするのにはちょうどよく、在宅では経験できないことが経験できます。

スキルを上げるためにも、業務委託でレベルの高い会社に在中して働いてみるのもオススメです!