絵を描くときの”苦手”を無くす話

絵を描く上で、
『この作業苦手だなぁ…やりたくない』って作業があったら、
それはやり方が自分に合ってないだけなのです。

なので、逆に言えば、自分にとっての『苦手』が分かれば、
『改善すべきところ』も分かるようになります。

例えば、線画の作業が苦手な場合は、
線画のブラシを一通りダウンロードして試し書きをしてみます。
ペンだけでも、水彩・筆・Gペン・エッジペン・鉛筆ペン…etc さまざまな種類があります。
筆圧だったり、不透明度だったり、ブラシサイズだったり、そういう設定は後でいいので、
とにかくまずは全部のペンで同じサイズで線を引いてみる。

自分的に馴染むものがあればそれをアレンジして使うことが出来ます。
そうやって自分に合うものを探していくと、自ずと良い絵が描けてくるようになると区宇さんは思うのです。

これは線画に限らず色んな工程でも言えることだと思うので、
当たり前すぎて見落としてしまいがちですが、
『苦手なもの』は苦手なままにしないで、”楽しい”に変換していけると良いのかなと思います。